じっくり!しっかり!語学を学びたい!
長期アメリカ留学(9ヶ月~1年)

長期間のアメリカ留学

半年から1年のアメリカ留学

「1年くらいの長期間の留学で英語力をしっかり高めたい」「なるべく長い期間滞在して現地の生活をじっくり楽しみたい」「英語を学びながらインターンシップにも参加したい」。このようなアメリカ留学への想いを抱いている方もいらっしゃるでしょう。

当留学センターでは、このようなご要望にお応えするため、長期留学プラン(9ヶ月~1年程度)をご用意 しています。長期の留学で“確かな英語力”を身に付けましょう。

アメリカ長期語学留学のパターン例とメリット

当留学センターは、一人ひとりの学習目標に応じたさまざまな学習プログラムをご提案しています。9ヶ月、1年といった長い留学期間を柔軟に活用し、集中的に英語を学ぶのはもちろん、語学学校に通いながらインターンシップや現地の大学の授業を聴講することもできます。自分の目的にあった留学方法を選び、留学期間を最大限に活かして下さい。

学留学+インターンシップ

語学留学+インターンシップ

このコースは、語学留学に加え、学生がアメリカ現地の企業に一定期間在籍し、実際の業務に携わりながら仕事、企業、業界、社会に対する理解を深めることができる就業体験制度のことです。
社会に出る前に実務を経験しておくことで、納得のいく企業・職業を選びやすくなり、終業後のミスマッチもなくなります。

それと同時に、学生にとっては現場で「生きた言葉」を学ぶ貴重な機会にもなります。特に海外でのインターンシップ経験は、業務で使われている実践的な英語と、ビジネススキルを磨くことにも役立つのです。

接客業、企画、事務など、さまざまな仕事の中から職務経験や英語力に応じて業種を選択することが可能です。将来、海外で働きたい方や英語を使った仕事に就きたい方は、アメリカ留学中のインターンシップ経験が就職活動やキャリアアップを後押ししてくれるでしょう。

企業研修 English in Action(EIA)コース、ハイライト

Embassy Englishのインターンシップコース とは?
現地の企業のネイティブな英語環境で、実際の仕事を通して英語のコミュニケーションをとることで、より実践的な英語力を身につけるコースです。

企業での研修内容
作業内容はオフィスワークがメインですが、学生のパフォーマンス・やる気次第では
もっと大きな仕事、プロジェクト単位など一定の職責を負う業務に携わることもあります。

研修の時間
企業によりますが、週に約20~30時間です。

受講に必要なもの
受講するにはUpper Intermediate(中上級レベル)の英語力が必要です。
学生ビザのGrace Period期間に受講される方がほとんどですが、英語力が高い方(Upper Intermediate以上)であれば観光ビザでも受講可能です。

San Francisco校で受講、BMWで企業研修された方のインタビュー (※英語です)

インターンシップ派遺業種 一例

  • 放送
  • 観光業
  • マーケティング/リサーチ
  • テクノロジー/アプリ開発
  • サービス業
  • 非営利組織
  • 新聞
  • 法律
  • ファッション

海外でのビジネスマナー

1:ビジネスシーンで握手を求められる場合は、目上の方が先に手を差し出すのを待ちます。
2:初対面の人には、握手より先に名刺を出すのは避けましょう。
3:握手はしっかりと力強く。握手の力が弱いと自信が無い人と受け取られてしまいます。

スクールの紹介と注意点

その他インターンシップに関するご注意とご案内
・企業研修時に、B2 Upper Intermediate(中上級)レベルのスピーキングおよびライティング力が必要です。
・企業研修前に、最低4週間の英語コースを完了していること。
・コース期間分のEmbassyスタディケアの保険に加入すること。
それぞれ学校によって異なりますので詳しくはお問い合せ下さい。

Kaplan International EnglishEmbassy English

Embassy English

Embassy English

Embassy English

Embassy English

Embassy English

Embassy English

Embassy English

Embassy English

Embassy English

キャンパス インターンシップ実施都市
ニューヨーク、サンフランシスコ、サンディエゴ
入学日 1/2・2/12・3/26・5/7・6/18・7/30・9/10
費用一例 (サンディエゴ) 
1年
一般英語コース(週24レッスン) 1,395,468円

※ 1年=48週間としています。
※6/17-8/26と12/23-12/30のホームステイは、シーズン料金が加算されます。
※ 表中以外のコース、滞在期間などについてもお気軽にお申しつけください。

費用に含まれるもの
手続代行料・海外送金手数料・入学金・授業料・滞在手配料・約1ヶ月(4週間)のホームステイ(1人部屋・朝夕食付)
インターンシップ4~8週間( ※別途4週間のトレーニングがあります)
別途必要なもの
航空券・海外旅行保険・現地出迎費(オプション)・通学費・個人的支出
表中の費用は2017年8月平均の為替レートに基づいた2018年費用です。為替レートの変動に伴い、費用も変動します。
「学生ビザ」のインターンシップは有給ではございません。
アメリカでのインターンシップでは、有給のものと無給のものがあります(※上記プランは無給のものです)。有給でのインターンの場合、Fビザ(学生ビザ)では参加できません。学生ビザの場合は無給のインターンシップのみとなります。学校の放課後や週末の空き時間を有効活用してビジネススキルを学ぶことができますので、インターンシップには積極的に参加しましょう。

資料請求

Page Top

学留学+大学聴講

語学留学+大学聴講

語学学校に通いながら、大学の授業に参加する学習プログラムです。現地の大学で行われている講義を実際に受けることで、英語力をさらに向上させることができます。
ただし、各学校により定められた語学レベルに達していない場合、授業に参加できないことがあるので注意が必要です。

授業料はかかりますが、単位が取得できる聴講制度を設けている学校もございます。学校によって内容が異なりますので詳しくはお問い合わせ下さいませ。

FLS International の大学同時受講コース

英語の授業だけでなく、アメリカの大学の授業を現地の学生達とともに聴講できるコースです。
講義の聴講には一定の英語レベルが必要ですが、聴講することで大学の単位を取得することができます。
その他にも、正規の入学に比べて費用が割安、入学手続の手間が省けるなどのメリットがあります。

スクールの紹介と注意点

その他 大学聴講に関する注意
聴講できる授業は1学期1科目(3~4単位)となっております。
聴講に参加できる英語レベルは18段階中12以上です。(学歴等、その他の条件は不要)

それぞれ学校によって異なりますので詳しくはお問い合せ下さい。

FLS InternationalFLS International

FLS International

ELS International

ELS International

FLS International

FLS International

FLS International

FLS International

FLS International

FLS International

キャンパス 大学聴講コース 実施都市
フィラデルフィア ラスベガス ボストン
費用一例(フィラデルフィア)
1年
一般英語(週24レッスン) 2,176,000円

※1年=48週間としています。
※表中以外のコース、滞在期間などについてもお気軽にお申し付けください。
※聴講の授業料の目安は1学期あたり約$1,300~$2,600 です。
※授業料は学校によって異なります。またお支払いは現地にてお願いします。

費用に含まれるもの
手続代行料・海外送金手数料・入学金・授業料・滞在手配料・約1ヶ月(4週間)のホームステイ(1人部屋・朝夕食付)

別途必要なもの
航空券・海外旅行保険・現地出迎費(オプション)・通学費・個人的支出

表中の費用は2017年8月平均の為替レートに基づいた2018年費用です。為替レートの変動に伴い、費用も変動します。

資料請求

Page Top

学留学+グローバル人材育成プログラム

語学留学+グローバルビジネス人材育成プログラム

1年間という長期にわたって語学留学をすれば、現地での生活や授業を通して高い語学力が身に付きます。英語に触れる期間が長いほど、より英語のコミュニケーション能力が取得できるもの。

ビジネス英語とビジネス書を統合した教材での授業や、アメリカの企業と提携したユニークで実践的なプログラムがあり、帰国後の就職活動に役立ちます。一般英語とビジネス英語を同時に学ぶことで、バランスの取れたコミュニケーション力とビジネスの実践力を身に付けることができます。

ECのグローバル人材育成プログラム

1学期:英語+現代ビジネスの基本 (8週間)
企業理念、ビジネスの方針、商品開発、顧客との関わり方等、さまざまな業種、職種で必要な知識や考え方を学びます。
実際のビジネスシーンに合わせた語彙や英語表現をケーススタディーを通し、ビジネスの基本とビジネス英語の基礎を同時に習得します。
2学期:英語+ビジネススキル実践 (8週間)
期間中、2つのプロジェクトを、テーマ毎に人にプレゼンテーションできる「形」にします。
プロジェクトの内容は、デザイン、マーケテイング、イベント、カスタマーサービス、ビジネスへのデジタル利用等、受講した全員がプロジェクトに積極的に関与します。

スクールの紹介と注意点

Kaplan International Colleges (ミッドタウン)New York

EC New York

EC New York

EC New York

EC New York

EC New York

EC New York

EC New York

EC New York

EC New York

キャンパス グローバル人材育成プログラム 開講都市
ニューヨーク
入学日 一般英語コース 毎週月曜日
英語+現代ビジネスの基本 1学期 3/5・7/2・10/29
英語+ビジネススキル実践 2学期 1/8・4/30・8/27

費用一例(ニューヨーク)
1年
一般英語(32週間)

 グローバル人材育成プログラム
(8週間×2学期)
2,524,000円

※ 1年=48週間としています。
※ 就活対策コースは3学期制で1学期(8週間)のみの受講も可能となっております(1学期は$4,690)。
※ 6/15~9/2のホームステイは、1週間あたり$35~$40のシーズン料金が加算されます。
※表中以外のコース、滞在期間などについてもお気軽にお申しつけください。

費用に含まれるもの
手続代行料・海外送金手数料・入学金・授業料・滞在手配料・約1ヶ月(4週間)のホームステイ(1人部屋・朝夕食付)
別途必要なもの
航空券・海外旅行保険・現地出迎費(オプション)・通学費・個人的支出

表中の費用は2017年8月平均の為替レートに基づいた2018年費用です。為替レートの変動に伴い、費用も変動します。

資料請求

Page Top

長期留学の注意点

長期留学では、自分の学習目標をしっかりと決めることが大切です。英語力をどこまで磨きたいのか、そのためにどのような経験をしたいのか、具体的な目標を設定することをお勧めします。貴重な留学の期間を無駄にしないよう、以下のことに注意しましょう。

だ留学しただけ”では意味がありません

ただ単に留学するだけでは、確かな語学力を身に付けられません。留学先で日本人とばかり話していたり、インターネットで日本語のテレビや動画を見ていたりすることは、英語学習の妨げになってしまいます。留学の目的を明確に決め、もし可能ならTOEICなどを受験して形に残し、貴重な留学経験を無駄にしないようにしましょう。TOEICスコア対策コースを取り扱っている学校もあり、その他にも学校によって様々なコースがありますので、詳しくはお問い合せ下さい。

期留学のデメリット

長期留学も良いことばかりではありません。長期留学のデメリットのひとつは、短期留学に比べて留学費用が高額になることです。留学中の生活費や学費が多くかかるので、留学前には十分な貯金が必要です。また学生さんなら学校を休学することも考えなければなりませんし、社会人の方ならお仕事の休職を検討する必要があるでしょう。帰国後の生活も考慮した留学プランを組むことをお勧めします。

  • アメリカ留学を安心サポート!ブリッジ留学サポートセンターHOME

フィリピン・セブ留学Page Top